ホーム 奉仕活動・アクティビティ 第34期 第34期会長あいさつ

第34期会長あいさつ

会長:指田 勝希

「会長任期を終えて」
第34代会長として昨年7月に就任以来、今日まで多くのメンバーの皆様にご理解とご協力を賜り且つ支えられながら任期を全うする事ができました。
心より厚く御礼を申し上げます。

就任に当たりクラブ会長として今期の活動方針を掲げ運営して参りました。
振り返りますと、メンバー全員が真心をもって奉仕しチームワークを重んじて積極的に行動しましたので多大の成果を上げることが出来ました。
このことは333-C地区第52回年次大会にて地区ガバナー大賞、LCIF優秀賞、CFS特別賞Ⅱ、YE・ACT優秀賞、国際交流優秀賞等多くのアワードを獲得し、この受賞が正に活動成果を立証するものであります。

今期のクラブ会員増強目標は3名でありますが4名が加入されました。しかしながら誠に残念ですが2名の方がお亡くなり又、1名が退会されましたので実質1名でありました。
次に活動では、特に前年度より引き継ぎました助成金につきまして見直しを実行いたしましたのでこの対応は今後の助成に生かされることと思います。
又、視力ファーストキャンペーンⅡはモデルクラブとして引き受け、3ヶ年の支援事業でありますがお蔭様で今年度の目標は達成できました継続して次期の支援を期待するところであります。
更に、期末において事務局の移転計画を決定いたしました。醍醐様には永年に亘って特段のご配慮を賜り浦安ライオンズクラブ事務局の活動拠点として大いに利用させていただき歴史を重ねて参りましたが、今般将来を展望し浦安商工会議所会館に移ることになりました。醍醐様にはこれまでのご厚情に対しましてメンバーを代表して衷心より厚く御礼を申し上げます。

いよいよ残すところ任期も僅かとなりました、次期は35周年を迎える節目の年度であります。
どうぞ次期会長L渡辺清昭のもと執行部皆様方のご活躍を期待するとともに、クラブの発展を祈念いたします。結びに、メンバーの皆さんに重ねて感謝申し上げ挨拶とさせていただきます。
1年間大変お世話になりました。有難うございました。

2006.06.29掲載